百貫様の豪快な弐之滝で満足してましたら
なんと
その200mくらい上に参之滝があります、と新大阪のMMさんから教えて貰いました。
あちゃぁ、あの上に、まだ滝があったとは・・・・

それではと、仲間を無理強いし、2003年秋晴れの日に弁当持参で出かけてきました。

このペ−ジをご覧になる前に壱之滝弐之滝をご覧下さい。(まだ見てない人は)
弐之滝から距離で約200m、
時間で20分程度で参之滝です。

百貫様入口からは50分程度でした。

今の天草は好天続きのため
あの弐之滝でさえ
今回水量はチョロチョロでした。

おかげで川床を歩いていけましたが
水量の多い季節には
弐之滝から上は
道なき道を行きますので
充分なご注意を!

弐之滝のスケ−ルには敵いませんが
水量の多い時には
見応えありそうでした。

高さが画像では分かりにくいですが
実際はまだ迫力あります。



さあ、森林浴マイナスイオンの中で
     お弁当・お弁当♪♪


新大阪MMさんによれば、
薬草の岩チ茶、岩松の群生そして
わさび
も数十年前にはあったとの事
でした。
なんでも林道が横切って荒れてしまった
ようです、悲しい。
今回スタ−ト地点の弐之滝です。

滝の右手岩場に取り付いて
滝上部を越えたら左手に登りあがる
ように進みます。

滑りやすく、足場が悪く、立木に
つかまりながら、です。
充分なご注意を!

水量が少なくて流れが
見にくいでしょうがご勘弁を、
アップ画像です。
お弁当を食べながら仲間と、何か滝の上が明るいなあ。
ひょっとして例の林道があるのではと
大きな期待を持って登り始めると、なんとなんと草が生い茂ってはいましたが
植林用林道があるじゃないですか、
それこそ、滝から数分でした。
天草の滝へ
登った岩場を下らずに済むと思うとホッと
やったあと喜んで、左手に道をとり♪♪と歩き始めた二人でした。
歩き始めこそ、次回は軽トラで来られるなあ、楽勝でいい画像が撮れるぞう
などと・・・言いながら。

ところが途中は大きな岩が道を塞ぐように、こりゃあ軽トラは無理ばい。
そして猪がほじくった足跡多数、続けて何か吼える音が。。
次第に無口に・・・足は足早に変化しました。

なんと歩く事、1時間30分で下山終了。
しかも駐車場からは随分下の部落に。。。
遠かった・・・・・!
天草の滝 本渡市 本町  百貫の滝(参之滝)