御所浦町の海をご紹介するつもりが
滅多に行く機会がないものですから
行程日記となりました。
いざ、本渡港を出発。
正面の橋は
瀬戸歩道橋(船が通るときは
上下します)
後方は瀬戸大橋
左は天草工業高校です。
御所浦 防波堤から本郷港と
烏峠(442m)

ブル−の三階建ては
白亜紀資料館です。
本郷港ではトリケラトプスがお出迎え、迫力あります。
まずは、島一番の高さの烏峠へ、360度の眺望絶景

歩いたら1時間30分はかかります、
道は狭いから軽自動車がベストです、
しかしレンタカ−はありません。
レンタサイクルはあるようですが(~_~;)。
テレビ、ラジオのアンテナ群が眺望の良さを
証明しています。
途中には、大好きな湧水が、冷たい、ウマイ。
顔も洗いました、ああ冷たかった!
牧島方面の眺め
九州本土の津奈木方面
今回の海の写真です。
外平の烏帽子漁港から白亜紀の壁のある採石場まで
海岸を歩いた、歩いた、
約20分の海岸散歩でした。案内していただいたA氏に感謝。
貝の化石です。
ちょっと大きすぎて
持ち帰るのは
う−−ん。
←ここに行きました。
ここが白亜紀の壁です。
赤、白、暗灰色の約1億年前の地層の
繰り返しが見れますよ。
左から黒島、ひょうたん島、ハダカ瀬
黒島は無人島ですが海水浴場にトイレ、
東屋もあるとか。
ここから上の画像を撮影。
船長さんが出てきて
何してるんですか?
こうやってこうしてますと言ったら
宣伝してくださいと激励の言葉を。。
天草の海トップへ
今回の交通アクセス

本渡港からフェリ−で1時間ちょっと。

帰りは
所用時間30分のブル−ライナ−を
利用しました。
天草の海 御所浦町 恐竜の島として売り出し中です
船上から、御所浦島を振り返って。
ブル−ライナ−船上からの御所浦島
ブル−ライナ−の船上
こんな感じの貝の化石、ゴロゴロです。
暑かった、遠かった、ビ−ルが美味かった。
烏帽子の海岸、A氏の後姿
帰りの船上から
途中の湧水
烏峠はこちらから