本渡市内から空港方面へ向かい、本町から県道44号線へ左折。
東向寺、本町公民館、鈴木神社を過ぎて
福岡の集落入口に天草山の会作成の登山口標識があります。

登山口からちょっと上の集荷場倉庫前に車は止めさせて貰いました。

こんにちは、今から行人岳に登っとですばって(登るんですが)
ここに車ば(を)、止めさせてもろて(もらって)良かでしょか?
畑仕事途中のおばちゃん曰く「良かっばな」の
言葉で安心して、止めさせて貰いました。
案内板です、
ここを左折です。
後方奥の三角山が
行人岳。
本町の奥にデンと構える行人岳に登ってきました。

山頂直下には行者の水と書いてある湧水もありました。
やはり、修験者の山だったのかも。
集荷場前で登山靴の靴紐を結びながら、
通りがかった二人のおばちゃんへ、こん(この)山はどんくらい(どれ位)
かかっとでしょか(かかるのでしょうか)

小半時あれば登っでしょだ。
ばって「イノシシ」のおるけん(居る)気つけんばなあ(注意しないと)

ドキッ!!

注意しながら登って1時間30分でした。あああ、恐ああ。

では、登りましょ。
集荷場横の馬頭観音。

後方は行人岳。

まずは旅の無事を祈って
お参りですよ。
後方は行人岳
途中のお茶畑。
途中の竹林。

幹の大きい竹が
このあとも
林道脇に
沢山でした。
八合目からの眺望
右下山向こうは本渡市街地です。

ずっと後方の三角山は倉岳。
九合目に「行者の水」あり
でも、ネットで蓋をしてありますので
飲めないいい。
奥の源泉からは、何とか飲めそうでした。
山頂は
まことにあっけなく山頂標識と
三角点表示、そして庵のみ。

眺望はまったく得られません。

直下の林道脇から
北西から北東まで
なんとかの眺望でした。
この山も車道が山頂直下まで通っています。
但し、軽4駆がベスト。

かっての登山道は林道でぶった切られて
途中を登山道で楽しむ感じです。

登山道にはイノシシの足跡多数、
天草もイノシシが多くなりました。
帰りには、鈴木三神を祭った鈴木神社へお参りしましょ。
鈴木神社の由来はこちら
天草の山々 本渡市 行人岳 409m 山頂からの眺望なし、八合目から本渡市街地方面が見えます。
登山口へのアクセス
天草の山々